お子さまのための予防歯科

お子さまのための予防歯科

予防歯科

お子さまの健康なお口のためには、

・虫歯に対する予防歯科

・歯周病に対する予防歯科

・歯並びに対する予防歯科

       が欠かせません。

お子さまの健やかな成長を目指して、一緒にがんばりましょう。

正しい知識の習得

お子さまの歯の予防は、ママが妊娠している時から始まります。子供の歯のトラブルと言えばまずは、虫歯があげられます。虫歯をどうやって防ぐか、どこにできるか、そもそもどうやって虫歯ができるかなどを知っていただくことが大切です。

当クリニックには、子育て奮闘中のママ衛生士も数人在籍しておりますので、お悩みお聞かせください。

歯のお掃除

爪で歯をなぞると、白くネバネバしたものがつくことがあります。これは食べかすではなく、細菌のかたまりで「歯垢(プラーク)」と言います。歯の表面や歯と歯茎の間にも溜まり、虫歯の原因にもなりますので、きれいに取り除く必要があります。

さらに、歯垢が古く固くなったものを歯石といい、これはお家での歯磨きでは取ることができません。そのため歯科医院で「スケーラー」という専用の器具を使って落とします。歯石を付着しているままにしておくと、歯の表面がデコボコして汚れがつきやすく、歯周病の原因となります。

お子さまでも、定期的に歯科医院で歯のお掃除を受け、お口の健康を保つようにしましょう。

歯磨き指導

歯磨きは誰もが毎日行っていることなので、正しい方法を知り、改善すれば、かなりの予防効果があります。

当クリニックでは、歯磨きをする時間や回数、磨いている最中はどこをチェックしたらよいか、歯ブラシの動かし方、磨く場所ごとの歯ブラシの当て方まで、お子さま一人ひとりに丁寧に説明し、練習もしてもらいます。

また、歯ブラシについて、その選び方や交換時期、毛の硬さやブラシヘッドの大きさなどについてもお話したりしています。

フッ素塗布

フッ素は生えたての弱い歯の質を、より早く完成させ、虫歯に強い歯にしてくれます。また、歯にフッ素を塗って膜を作ることで、虫歯予防に繋がります。

特に乳歯は、永久歯に比べて虫歯になりやすいため、お子さんの虫歯予防には欠かせません。

数ヶ月おきに繰り返しフッ素を塗ることによって、さらに虫歯予防効果が高まると言われていますので、定期的にフッ素塗布を受けるようにしましょう。

シーラント

生えたばかりの歯は表面が未成熟で弱く、生えた後に唾液中のカルシウムなどを吸収して、少しずつ成熟して強くなっていきます。その弱い時期に、虫歯になりやすい奥歯の溝を埋める予防処置が、『シーラント』です。歯を削らずに、薄いプラスチックで溝を埋める効果性の高い虫歯予防法といえます。

特に生え始めの6歳臼歯(第一大臼歯)や乳歯の奥歯に施すケースが多くあります。

ただし、奥歯の噛み合わせの部分に施しているため、割れてしまうことがあり、割れた状態は虫歯になりやすくなることもあります。そのためシーラントの処置を行った後は、定期的にチェックを行うようにしましょう。

自宅でできる予防歯科

食後すぐの歯磨き

歯磨きの習慣づけをしまさしょう。食事が終わったらすぐに歯磨きをする、でもOKです。

食後の食べかすが多く残っている状態では、虫歯菌が繁殖しやすいです。お口の中がきれいな感覚を身に着けて、虫歯予防していきましょう。

仕上げ磨き

お子さまも小学生になると、しっかりしてきて、ついつい手を離しがちになります。しかし、歯ブラシを細かく動かすような動きはまだまだ苦手で、生えたばかりの大人の歯を虫歯にしてしまうお子さんもいらっしゃいます。

仕上げ磨きもコミュニケーションのチャンスととらえ、少なくとも小学生のときは、仕上げ磨きやフロスをしてあげてほしいものです。

フッ素塗布と一緒に、仕上げ磨きのチェックも、ぜひ当院にしに来てください。

おやつのルールを決める

お子さまが食事を長い時間かけてしたり、おやつを食べたい時にいつでもあげたりする『ダラダラ食べ』は、虫歯の大きな原因です。虫歯を予防するためには、お口の中を休ませる時間が必要です。

お口の中に残りやすい歯に詰まりやすいようなおやつも、虫歯を作りやすかったりします。

お子さんと一緒におやつの時間を決めて規則正しく食べたり、甘味料が虫歯になりにくいもの(キシリトールなど)を選んだりして虫歯予防しましょう。

年齢別の予防措置

 

歯は年齢によって特徴が異なるので、予防方法もそれぞれの段階で変わります。

生まれたばかり(歯がない時)
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌(ミュータンス菌)が存在しません。成長過程のどこかで赤ちゃんと接する方の唾液によって感染します。そのため保護者さまは、ご自分の歯をきれいにする、噛み砕いたものを赤ちゃんに食べさせる口移しはしないといった対策を講じるようにしましょう。
生後6か月前後(前歯が生える)
前歯が生えてきます。まだ歯ブラシは必要ありませんが、濡らしたガーゼを指に巻き、歯をやさしく拭き、お口の中を触られることに慣れさせるようにしましょう。これは、歯磨きを習慣づけることに繋がります。また、歯ブラシを持たせて遊ばせることで、歯ブラシに慣れさせることも有効です。その際、喉や目をついてしまうことがないよう、しっかり見てあげましょう。
3歳頃(乳歯が生えそろう)
3歳頃に20本の乳歯が生え揃います。歯ブラシだけでなくデンタルフロスで歯垢をお掃除することを始め、保護者さまと一緒に定期検診に通うにようにしてください。乳歯は抜けてしまうから虫歯になってもかまわないと放っておいてしまう方もいますが、それは間違いです。乳歯の虫歯を放置しておくと、永久歯も虫歯になりやすくなったり、歯並びが悪くなったりなど、好ましくないことが起こり得ます。
6歳頃~15歳頃(6歳臼歯が生え、乳歯と永久歯が混在)
この時期から6歳臼歯が生え始め、乳歯と永久歯が混在します。人生で最も虫歯になりやすい時期の到来です。永久歯も生え始めの歯は虫歯菌に弱く、虫歯になりやすいという特徴があります。さらに、生え始めは歯の段差がいたるところにあり、食べ物が詰まりやすく歯ブラシが届きにくいため、より虫歯になりやすいと言えます。永久歯は虫歯になり難くなるまで数年かかりますが、その期間に虫歯にならなければ、その後も虫歯にならないことがほとんどです。正しい知識を持ち、定期的に検診を受けていただくことで、お子さんの歯を生涯健康に保つことに繋がります。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、ワイズファミリー歯科こども矯正歯科、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせください 0572-44-8891contact_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ
医療法人 賢友会 Y's DENTAL CLINIC 監修:Y'sデンタルクリニック 多治見市の審美治療NAVI 多治見市のインプラントNavi 監修:Y'sデンタルクリニック 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC