BLOG

2018.12.26更新

みなさん、口内炎はよくできますか?

ほとんどできない!って方もいますし、毎月のようにできる方もいます。


お口の中の粘膜にできる炎症を口内炎といいますが、さまざまな種類があります。

 

・アフタ性口内炎
 原因は不明ですが最も一般的なものです。
 表面が白く周囲が赤い潰瘍が1~数個できます。

・カタル性口内炎
 自分の歯や矯正の装置、入れ歯によって粘膜が傷つき、赤く炎症を起こしたもの。

・ウイルス性口内炎
 ヘルペスウイルスなどが原因で、くちびるや口の中の粘膜に小さな水疱ができ、破れてびらんや潰瘍になるもの。

 

などがありますが、他にもアレルギー性の口内炎、ヘビースモーカーがかかりやすい

ニコチン性の口内炎等もあります。

表面が白いアフタ性の口内炎以外がよくできる場合は、原因がはっきりしていますので、

歯科医院で相談されるといいですね。

 

 


もっともよくできるアフタ性口内炎の原因ははっきりわかっていませんが、予防することはできます。

 

・お口の中を清潔にする。口の中が乾燥しないようにする。

・ビタミンB群を摂取する。緑黄色野菜を多く摂るか、サプリメントで補給する。

・疲労やストレスは大敵です。ゆっくりと休養をとり、睡眠を取りましょう。

・禁煙し、アルコールも控える。刺激のある食べ物も控える。

 

といったことを注意していただくといいかもしれません。

口内炎がよくできる場合は「疲れのサイン」かもしれません。生活習慣を見直しましょうd(●・ω・)b゙

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

2018.12.19更新

ホワイトニングは歯質を痛めずに着色や黄ばみを落とし、きれいな白い歯にする治療です。

 

★黄ばんできた歯を白くしたい

★結婚式前に歯を白くしたい

★人に見られる仕事をしているので歯を白くしたい

 

など希望される方の動機はさまざまですが、サロンなどと同じ感覚で捉えられるようになってきています。

 

当院では患者様の安全性と負担の軽さからティオン・ホームホワイトニングを採用しております。

低刺激でありながらホワイトニング効果が高く、ご自宅で安全にホワイトニングをお楽しみいただけます。 

ティオン・ホームのホワイトニング剤の主成分は過酸化尿素です。

過酸化尿素には色素(着色や汚れ)を分解する力があり、継続作用させることで、歯の内部の色素まで分解でき、白い歯を実現することができます。

低刺激の過酸化尿素を使用するため、安全に歯を傷めずに歯を白くしていくことができます。 

 

効果を確かめながらホワイトニングできるため、モチベーションも上がり、より白い歯の実現へ向けて努力しやすいシステムになっております。

この機会に当院でもホームホワイトニングを試してみてはいかかですか?

詳しくは、ご気軽にスタッフにご相談くださいo(^▽^)o

 

 ホワイトニング

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

2018.12.14更新

 

今回はタフトブラシについてお話ししたいと思います。

タフトブラシって聞きなれない名前かと思いますが、歯の洗浄にはとても便利な用具です。

一般的な歯ブラシとはブラシ先の形状が違い、先が小さくまとまっているので、

みがきにくいところには、ピンポイントで毛先が届く「タフトブラシ」の使用がおすすめです。

 

タフトブラシは普通の歯ブラシでは磨きにくい部位を洗浄することが可能です。

 

★こんな部位に最適!★
① 一番奥の歯(親知らずなども)
② 歯並びの悪い歯
③ 矯正装置の周り
④かぶせものの周り


このような部位は普通の歯ブラシでは磨きにくく、汚れが溜まりやすくなっているため、

虫歯の原因にもなってしまいます。

そこで、タフトブラシで有効的に使用することができます。

奥歯をみがく時、「ハブラシ」から「タフトブラシ」に替えてみがくと、

ヘッドの大きさがコンパクトなので、不快感が軽減しラクにブラッシング出来るかもしれません。

使い方としては、普通の歯ブラシでブラッシングした後、磨きづらいところを

タフトブラシで小刻みにブラッシングして頂くのがオススメです。

力を入れ過ぎず、優しく丁寧に磨いてくださいねglitter

 

当院でも、タフトブラシを販売しておりますので、

タフトブラシについて詳しく知りたい方は衛生士まで是非お尋ねくださいo(^▽^)o

 

タフト

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

2018.12.11更新

12月に入りましたね!!

当院もクリスマスの飾りつけをしましたo(^▽^)o

 

ちなみにクリスマスにご来院頂いた方には

プレゼントがあります!お楽しみにglitter

 

ツリー

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

2018.11.30更新

当院にも新商品が入荷いたしました!

ロッテのキシリトールタブレットしまじろうデザインですo(^▽^)o

 

キシリトールタブレット

 

 

むし歯の原因はお口の中にいるむし歯菌(ミュータンス菌)です。

ミュータンス菌が歯に酸を出すことで、歯が溶けて穴が開いてしまいます。

キシリトールはそんなミュータンス菌に直接働きかけ、ミュータンス菌そのものを弱らせます。

その結果、むし歯ができにくくなります。

 

 

☆タブレットの効果的な使用方法☆

 

 

虫歯予防ケアで一番大切なことは歯磨きです。タブレットだけを食べていても虫歯をゼロにすることはできません。

しっかりと歯磨きをし、歯磨きプラスαとしてタブレットを使うという考えでいましょう。

キシリトールタブレットしまじろうは、1日3粒が目安ですので、1日3回の歯磨きの後に1粒与えるようにしましょう。

歯磨き以外で食べさせてしまうといつでも食べれるものという認識を持ってしまいます。

歯磨きが嫌いなお子さまに使う場合は、歯磨きをしっかりできた後のご褒美という特別感を与えるようにすると効果があります◎

キシリトール成分は、噛み始めの唾液にもっともよく出ますのでできるだけ長くタブレットをお口の中に入れて

キシリトール成分がたっぷりの唾液を虫歯菌に浸透させるようにしましょう。

お子様には、タブレットは噛まずに舐めるように指導すると効果も倍増しますね☆

初めて食べる時は、小さく砕いて食べ終わるまでしっかりと見届けてあげてくださいね。

 

 

 

・歯磨きの後に甘いものを食べたがるので困っている

・仕上げ歯磨きが嫌いなので毎晩精神的にも疲れてしまう

・仕上げ歯磨きがきちんとできているか不安…

・毎日子供が飽きずに続けられる虫歯予防商品が欲しい!

 

このようなことでお悩みの方にキシリトールタブレットしまじろうはおすすめです(*’ω’*)!

キシリトールが甘味料中に100%配合されているので虫歯予防には最適!

 

※キシリトールは、多量に摂取するとお腹がゆるくなる場合もあります。

体質にもよりますが、お子さまは大人に比べて敏感ですから必ず決められた容量を守るようにしてください。

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

2018.11.27更新

 

いよいよ冬本番ですね!!

 

インフルエンザが流行る時期ですので体調管理には十分気をつけたいですね!

 

ところで、みなさんは歯のクリーニングをしたことはありますか?


歯石がついていると”良くない”と耳にすることがよくあると思いますが、それはなぜでしょう?


そもそも歯石とはお口の中の歯垢(プラーク)が溜まってしまい、

 

それが積み重なるとだんだん硬くなっていき、歯石というものに変わります。

 

歯石が歯についていることで、さらに汚れが付着しやすく、歯茎が腫れたり、出血したりします。

 

この状態を放置してしまうと、更に悪くなり、むし歯や歯周病の原因にもなってしまいます。

 

こうなってしまう前に、日々のセルフケアや、歯医者さんでの定期的なメンテナンスが大切になってきます。

 

基本的に歯石はご自身の歯ブラシだけでは取りきれないので、歯科専用器具を使い、

 

歯にこびりついた歯石を取り除きます。


歯茎より上の露出している部分はもちろん、歯茎に隠れた見えない歯石もしっかりと取り除くことができます。

定期的のクリーニングで歯石を未然に防ぎ、清潔で健康な歯を保ちましょう!glitter

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

2018.11.26更新

 

当院も少し早めの大掃除をしました!

 

来院される患者さんが気持ちよく治療できるように

 

日常から衛生面には気をつけていますが、大掃除の日は特に力が入ります。

 

今年1年感謝の気持ちを込めてお掃除するとやっぱり気持ちいいですね!

 

 

各所役割分担して、溜まった一年分の汚れを落とし、

 

新年には新たな気持ちで患者様をお迎えしたいと思いますo(^▽^)o

 

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

2018.11.26更新

 

まず仕上げ磨きは何歳から始めたらいいのか、これも疑問に思う親御さんも多いかと思います。


目安としては、上の前歯が生える1歳頃から始めて下さい。

しっかりした仕上げ磨きも1日何回もしなくて大丈夫です^ ^


1日1回夕食後か夜寝る前にしっかりしてください。


当院では、小学校低学年までは仕上げ磨きすることをおすすめしています。


しかし、歯磨き自体を嫌がるお子様もとても多いと思います。


虫歯を作らせないためにしっかりと磨いて予防してあげたい!でも、嫌がってお口をあけてくれない!

 

どうしたらあけてくれるのかなあ…と悩まれてる方も多いと思います。


いきなり口の中を触れたり、顎を固定したりすると、赤ちゃんも不安を感じてしまいます。

 

口にものを入れることに、すこしずつ慣れさせていく事が大切なので、

 

しっかりと磨けているかどうかよりも遊び感覚から習慣化させていくように工夫しましょう!

 

いきなりすべての歯をきれいに磨くのは難しいので今日は上の歯をがんばって磨くと決め、

 

明日は今日出来なかったところを磨くなどしてみてください。

 

あとは子供の歯は虫歯になりやすいので定期的に検診したりフッ素を塗って予防しましょうo(^▽^)o

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

2018.11.23更新

 

「フッ素はいつから始めるといいのですか?」とよく聞かれます。

当院では歯が生え始めたら定期的に塗り始めることを推奨しております。

多くのお子様が生後6か月くらいから歯が出てくることが多いのですが、その時期からぜひ始めてください。

フッ素は、歯が出ている途中に塗布するほうが吸収されやすい特徴があります。

吸収されやすいということは、虫歯予防効果が高いということになります。

 

そしてフッ素は継続して初めて意味がありますので、1年に1回つけてもさほどの効果はありません。

 

定期的に塗布することで、歯が強くなり、むし歯の原因である細菌や酸によって歯が溶けにくくなります。

 

当院では3.4か月に1度を目安にフッ素を塗布することをおすすめしております。

 

定期的にフッ素して、虫歯予防しましょう!o(^▽^)o

 

 

 

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

2018.11.20更新

イラストみなさんこんにちは!最近寒くなってきましたね。

年末にどんどん近づき、ご予約がとりにくくなってきております。

義歯の作製などはかみ合わせの状態や場合により1ヶ月ほどお時間がかかることもございますので。年内に・・・となると11月末までに作り始めないと新年新しいキレイな歯でむかえていただくことができません。

またむし歯治療も、ご予約がとりづらくなってくると年内の診療も難しくなります。

気になるところがございましたら早めのご予約をおすすめします。

 

冬休みになるとお子さんの患者さんの来院がかなり増えてくるため、よりご予約がとりづらくなります。

本院のワイズデンタルクリニックも現在12月の中旬頃まで(時間帯によってはもっと先まで)ご予約が取れないようです。

診察を希望される方は一度お電話でご予約状況をお問い合わせください。

よろしくお願いします。

 

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

前へ 前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、ワイズファミリー歯科こども矯正歯科、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせください 0572-44-8891contact_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ
医療法人 賢友会 Y's DENTAL CLINIC 監修:Y'sデンタルクリニック 多治見市の審美治療NAVI 多治見市のインプラントNavi 監修:Y'sデンタルクリニック 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC