BLOG

2019.02.27更新

「虫歯になりにくいおやつ」なんて存在するのでしょうか?

極端な話、甘い物を控えれば虫歯の予防はできるでしょう。
しかし、おやつの時間も大切な憩いの時間。おやつの楽しみをお子さんから奪うのも可哀そうですよね。

そんな今日は「虫歯になりにくいおやつ」さらには「おやつとのつき合い方」について考えてみましょう。 

 

【虫歯になりにくいおやつ】を選ぶポイント!!

●糖分が少ない 
●食べ終わるのが早い(口の中に長くとどまらない) 
●歯に付着しにくい

 

では具体的にはどんなおやつが良いでしょうか?

・アイスクリーム(チョコチップなどが入っていないシンプルなもの)
・プリン
・ゼリー

糖分は多く含まれますが、すぐに食べ終わり、歯にも付着しにくいので、虫歯になりにくいのです。

・せんべい
・クラッカー
・スナック菓子
・砂糖不使用と記載のあるビスケットやクッキー

これらのおやつは糖分が少ないことがポイントです!!

水分が少ないため歯に付着しやすいですが、しっかり噛んで食べるよう指導すると唾液が出て虫歯になりにくくなります。

またスナック菓子などは高カロリーで、塩分のとり過ぎになる問題も。
食べる分量には気を付ける必要があります。

 


※注意が必要!虫歯になりやすいおやつは?

・あめ
・キャラメル
・チューイングキャンディ
・ガム
・チョコレート

これらのおやつは糖分を多く含み、食べ終わるのに時間がかかります。

さらに歯に付着しやすいため、虫歯になりやすいおやつだと言われているので食べ方に注意が必要です。

 

★おやつの「食べ方」のポイント!!

○おやつは1日1回、決まった時間に決まった分だけとるようにしましょう。
○おやつと一緒に飲むのはなるべく水やお茶など糖分のない飲料にし、食後は水を飲む習慣を。

「虫歯になりにくいおやつ」を選んでも、それを長時間だらだらと食べていたら虫歯になりにくいとは言えません。 

 

これらのことを踏まえてもう一度、お子様のおやつについて見直してみましょう!

 

ちなみに当院ではお子様のおやつとして、キシリトールタブレットをおすすめしております。

この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか?o(^▽^)o

キシリトールタブレット

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、ワイズファミリー歯科こども矯正歯科、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせください 0572-44-8891contact_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ
医療法人 賢友会 Y's DENTAL CLINIC 監修:Y'sデンタルクリニック 多治見市の審美治療NAVI 多治見市のインプラントNavi 監修:Y'sデンタルクリニック 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC