BLOG

2019.01.24更新

炭酸飲料を飲むと歯が溶ける、というのをよく聞いたことはありませんか?

実はこれは正しくはありません。
でも間違ってもいません。
正解には、酸性食品は歯を溶かす、です。
炭酸飲料に限らず、酸性の飲食物で歯が徐々に溶けてしまいます。
これは酸蝕症(さんしょくしょう)という症状で、自然に治ることはありません。


酸蝕症を防ぐためには


①酸性の飲食物を控える

毎日炭酸飲料やスポーツドリンクを飲んでいる人は要注意です。
また、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類を食べすぎると、歯が溶けやすくなります。
なるべく控えるようにしてください。


②酸性の飲食物を摂取する時は短時間で

歯に酸が接触する時間が長ほど、酸蝕症のリスクが高まります。
少しずつ時間をかけて摂取するよりも、短時間で摂取した方が安全です。


③酸性の飲食物を摂取した後は、水でうがいをする

酸性の飲食物が口に残ったままだと、歯が溶けてしまいます。
少しでもリスクを減らすために、うがいをして洗い流しましょう。


④すぐに歯みがきをしない

飲食した後は、歯が柔らかくなっています。
食後すぐに歯みがきをすると、歯がすり減ってしまうので、気をつけてください。
目安は食事をしてから30分です。
それまでは、水でうがいをする程度にしてください。



酸性の飲食物は、身の回りにあふれています。
いつまでも美しい歯を維持するためにも、予防することが大切です。

投稿者: ワイズファミリー歯科こども矯正歯科

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、ワイズファミリー歯科こども矯正歯科、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせください 0572-44-8891contact_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ
医療法人 賢友会 Y's DENTAL CLINIC 監修:Y'sデンタルクリニック 多治見市の審美治療NAVI 多治見市のインプラントNavi 監修:Y'sデンタルクリニック 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC